الموقع التعريفي بسيرة خادم الحرمين الشريفين الملك سلمان بن عبدالعزيز باللغة اليابانية




ホーム

サルマン・ビン・アブドゥルアジーズ・アールサウード国王閣下は1935年12月31日にリヤードにて誕生した。殿下は、サウジアラビア王国を建国された故アブドゥルアジーズ国王によってリヤードに設立された皇室学校で教育を受け、宗教学と近代科学の勉強に励んだ。 若くしてリヤード知事に就任した殿下は、行政のタテ割り状態を打ち破り、各省からの代表で構成されるリヤード開発局を創設するなど、リヤードを人口約20万人の小都市から、550万人を擁する王国で第2の大きな州へと発展させることに尽力し、政治的手腕を発揮した。 サウジアラビア王国において、殿下の卓越した知性を備えた熱心な執務ぶりは人々から敬愛されている。殿下は週2回国民と会い、彼らの日々の悩みに耳を傾け、加えて外国歴訪の際には必ず在外サウジアラビア国民と積極的に交流を持つなど、全ての国民に常に門戸を開いた姿勢は世評に高い。

殿下は、歴史、特に、サウジアラビアの歴史に大きな関心を抱いていることでも高名である。サウジアラビアの歴史、地理、文学、思想、建築物関連の文書を保存するために、1972年に設立されたアブドゥルアジーズ国王記念館の会長を務めるとともに、タイバ大学やウンム・アルクラ大学において、イスラームの聖地であるメッカとマディーナの歴史に対する研究を行ってきた。さらに、この分野の研究者らに対して特別な支援と資料を提供するため、寄付講座を設置するなど多大な寄与をし、マディーナのイスラーム大学からサウジアラビアに関する名誉歴史博士号を授与されている。 併せて、科学分野への貢献や国内外の教育・知識推進への継続的な支援に対して、ベルリン・ブランデンブルク科学・人文科学アカデミーからカント勲章を受章、芸術分野でもウンム・アルクラ大学から名誉芸術博士号を受けるなど、その功績は誠に広く多岐にわたるものである。

Contact Us | Help | Privacy Policy | Terms of Use | Site Map

إعداد الملحقية الثقافية السعودية في اليابان